2010年04月10日

ヨーグルト

100410a.jpg

撮影:FUJIFILM FinePix F401 2M 

納屋横の梨の木の花が満開


松葉サイダーに続き自家ヨーグルトを作ってみた。
松葉サイダーは炭酸の抜けたサイダーよりはずっとおいしい。

ヨーグルト試作

foo100407a.jpg

牛乳、成分無調整。
パックのまま水を入れた鍋に入れて暖める。
発酵を促進させるために暖めるのだが温度は40℃くらい。

昔、ブームがあったときヨーグルトを種をもらって作ったことはあるが、
作り方はちょっと違う。暖めたりはしなかった。


foo100407b.jpg

種にMEGUMILKの恵を使う。(特定保健用食品)
「ガセリ菌SP株」と「ビフィズス菌SP株」という乳酸菌が入ってる。

容器は熱湯消毒したものに暖めた牛乳を入れ種ヨーグルトを入れる。
蓋ををして先ほど牛乳を温めた鍋の中にいれて保温し放置。
夕方に作業して翌朝には出来ていた。

出来具合、クリーミーな半固形状態。


foo100407c.jpg

種はヤクルトSHEs、コンビニにこれしかなかったので使っただけ。
「乳酸菌 シロタ株」というのが入っている。

恵と同時に作業した。

出来具合、固まらず失敗であった。



foo100407d.jpg

種はヤクルト ジョア プレーン 特定保健用食品だ。
「乳酸菌 シロタ株」が入っている。

試しに最初に作ったのがこのジョアを使ったヨーグルト。

出来具合、乳清と固形化したヨーグルトができた。

これで気をよくして上記のように別の種で試したのだ。

「乳酸菌 シロタ株」が150億個入っているヤクルトで作ってみたいのだがどうだろう。



拾い物画像:
oth_125.jpg
posted by ラーメン小池 at 18:44| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。