2013年08月14日

ジャンクなプリンター

pr901a.jpg

EPSON EP-901A


電源を入れると

エラー
「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。
お買い求めの販売店か修理センターへ、交換をご依頼ください。」
と表示される。

pr901b.jpg



ネットで調べるとソフトでリセットできるらしい。

「TX700W by OrTHoTaMiNe.rar」→EP-801A
「TX700W Latin by OrTHoTaMiNe.rar」→EP-801A、EP-901A、EP-901F
「TX800FW-EAI by OrTHoTaMiNe.rar」→EP-801A、EP-901A、EP-901F
「TX810FW ECC by OrTHoTaMiNe.rar」→EP-801A、EP-901A、EP-901F、?EP-902A?


TX800FW、TX810FWで検索、簡単にはダウンロードできるサイトが見つからない。
そのほとんどがファイル置き場に置かれている。
無料のメンバー登録しアクセスしてダウンロードする。
圧縮されたファイルを解凍しようとしたらパスワードが掛かって解凍できない。
無駄な時間を費やしてしまった。

「TX700W Latin」で検索するとすぐに見つけることができダウンロード。
早速このソフトでリセットを試みる。

成功!

確実にリセットするには「WIC Waste Ink Counter reset utility」を使えば
いいらしい。

このソフトは簡単にダウンロードできるものの、実際にリセットしようとすると
パスワードが必要になるのだ。ちなみにパスワードは$10必要となる。

リセットできたので次に廃インク吸水パッドの清掃だ。

プリンター本体を裏側よりネジを1本はずし、廃インク吸水パッドを取り出す。
風呂場で分割されたフェルトのような吸水パッドを水洗いで洗浄。
かなり汚れます。
パッドは分割さてれて入っているので順番にやっていきます。
洗浄した吸水パッドを天日干し。
乾燥したパッドを順番に入れていきます。
洗浄した吸収パッドは小さくなっているので、隙間に吸水パッドとして
キッチンペーパーで補充しました。

pr901c.jpg

これは洗浄する前吸水パッド。




130721.jpg

暑いときはここで涼む次郎丸。
でも家の中で過ごしているほうが永い。




撮影:らーめん小池
oth_208.jpg
posted by ラーメン小池 at 18:59| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

お役立ちソフト

その一(お勧め)

Webページの広告を表示をブロックするアドオンソフト Adblock Plus
Firefoxとchromeにも対応しているようだ。IEはない。

Youtubeの動画広告もブロックしてくれるのでこれはお勧め!

Fierfoxを使ってる場合
https://addons.mozilla.jp/firefox/details/1865
画面右のインストールボタンをクリック、特に設定しなくてもそのままで使える。



その二(ジオラマ風写真)

ジオラマ風に撮れるコンパクトデジカメもあるけれど
ジオラマ風に画像を加工できるソフトをチェックしてみた。


TiltShift Generator

http://artandmobile.com/projects/tiltshift-generator/
このページのFor Desktop,PC&Mac
Adobe Air
http://get.adobe.com/jp/air/
TiltShift Generateor desktop
http://labs.artandmobile.com/tiltshift/files/TiltShift.air

まず先にAdobe Airをインストールして、次に
TiltShift Generateor desktopをインストール します。

ソフトは英語版だが直感的に操作できる。
フォーカスは円、直線、サイズも調整可能。

tilit001.jpg

立ち上がった画面


tilit006.jpg

元画像はドック型揚陸輸送艦デンバー Juneau LPD-9から見た佐世保基地内



tilit001b.jpg

サイズがどうたらこうたら・・そのままOK

tilit002.jpg

フォーカスを円でやってみた。

tilit002b.jpg



tilit003.jpg

フォーカスを直線でやってみた。

tilit003b.jpg



tilit004.jpg

tilit005.jpg

他には
Dioramic
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se495326.html
日本製、フォーカスは直線のみサイズ(幅)は可変できる。

チルトシフトスタジオ
http://grafficia.com/tss/
動画も可能、フリーソフトはロゴが表示される。



拾い物画像:
oth_189.jpg
posted by ラーメン小池 at 20:16| 長崎 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

Macから取り出したドライブをWindowsで読む

起動できなくなったMacからのデータのバックアップ。

ハードディスクそのものが壊れていたら出来ませんが・・

ではiMac G3 から取り出したハードディスクのファイルをWindows XPの
パソコンで読む方法です。

用意するものはハードディスクとWindowsマシンを接続するIDE→USB変換ケーブル
MacOSとWindowsはフォーマットが違うので読むためのソフトが必要となります。

ソフトはMacDrive 6 を使いました。
現在のバージョンは8でWindows 7でも使えるようです。

その他、英語版の「HFSExplorer」という無料ソフトもあります。



imac14.jpg

IDE→USB変換ケーブルとACアダプター
ACアダプターは12Vと5Vを供給できるものです。
これらはセットで売られてます。
最新はIDE+SATA→USBとシリアル接続にも対応してます。


imac12.jpg

取り外したハードディスクのコネクタ側、IDE、電源コネクタ


imac10.jpg

imac11.jpg

変換ケーブルのIDEコネクタ側
3.5インチと2.5インチと共用できます。(ノートパソコンのハードディスクが2.5)
コネクタの向きがあります。


imac16.jpg

ハードディスクに変換ケーブルと電源コネクタを差し込み、USBコネクタを
Windows パソコンに挿します。
アダプタのスイッチを入れるとハードディスクのモーターが回転し、
Windowsが新しいデバイスとして認識します。

その前にMacDriveをインストールしておきます。
そうしないと認識はしても表示はされないので。


imac17.jpg

MacDrive6をインストールするとタスクバーにアイコン


imac15.jpg

MacDriveをスタート

「マイコンピュータ」内のMacディスクを閲覧するをクリックすると

imac18.jpg

リンゴマークのハードディスクが表示されてます。

imac19.jpg

クリックして開くとファイルが見れます。


USBフラッシュメモリがあればMacOSでもWindowsでも使えるので
データのやり取りが出来ます。
拡張子が同じtxt、htnl、画像、動画ファイルとかなら。



拾い物画像:

oth_166.jpg
posted by ラーメン小池 at 17:22| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

iMac G3 ハードディスク

imac01.jpg

iMac G3 のハードディスクを取り出します。


imac02.jpg

iMacをお腹の部分の蓋をマイナスドライバーを差し込んで外します。

imac03.jpg




imac04.jpg

プラスドライバーで6箇所のビスをはずします。


imac05.jpg

フロント部分にはロックがありますがここは思い切って後ろの部分を持ち上げます。
ロックしている爪の部分が取れることもあるかもしれませんが、
後の組み立てには影響はないようです。


imac06.jpg

金属シールドのカーバーをはずします。
ビス、6箇所。
ビスをケース内に落とさないようにします。
(何度か落とした)


imac07.jpg

フロント側から引き上げるといいでしょう。
後ろには外部モニター用のコネクタがあります。


imac08.jpg

ハードディスクを取り付けているビスを4本はずします。(+ドライバー小)
IDEと電源コネクタを外します。
電源コネクタは固いです。

imac09.jpg

メモリーを抜いてハードディスクを引き出します。


★次回はMacのハードディスクのファイルをWindowsXPで読む方法をアップします。



拾い物画像:

oth_165.jpg
posted by ラーメン小池 at 20:05| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

8月もあと残り1日となりました

110813a.jpg

撮影:8月13日 FinePix 4900Z

ぐーたらしていたら、もう8月も終わってしまう。。




ジャンクな2005製の富士通の一体型パソコン、DiskPower LX50L。

主な仕様 Celeron D 2.93GHz 、メモリ 256MB×2=512MB(DDRU)
モニタ 17インチ 

電源を入れると起動するもののWindowsXPが再起動を繰り返す。

この機種は電解コンデンサーの不良が多いらしいので
カバーを開けマザーボードを目視するものの、電解コンデンサーの
破裂や液漏れ等はなかった。

pclx50lb.jpg

マザーボードはGigabyte製 GA-8I915GPK3

pclx50la.jpg

WindowsXPの修復を試みるが回復できない。
上書きインストールしたみたものの再起動を繰り返すので
WindowsPEで起動しハードディスクをフォーマットし、
WindowsXPを新規インストール。

WindowsPEはPuppy Linux等と同じLiveCDでパソコンのテストや
ハードディスクのフォーマットに使っている。

フォーマット正常に終了、インストールも問題なし。

起動時間、約45秒



ちょっと試しにWindows 7をインストールしてみた。

pclx50lc.jpg

メモリは1GB×2=2GBにする。
起動させるとエラーメッセージ。
CMOSがクリアされたようだ。F1キーを押して継続。
Windows XPが起動し時刻がリセットされたので再設定する。

DVDをドライブにセットし再起動させインストール開始、、、
ファイルを読み込んでいたがエラーが出て止まる。
再度やってみたがエラーが出て止まる。
もう一度やってみたが今度はファイルを読み込まない。

Windows XPを立ち上げドライブをチェックすると
CDは読めるもののDVDは認識できなくなっていた。

ドライブを交換して最初からやり直し。
今度は順調にインストールできた。
WindowsXPはインストール時に削除した。


pclx50ld.jpg

デバイスマネージャーを確認すると
不明なデバイス等
5つのドライバがインストールされてない。

同じ名称のドライバがLX50Rに Vista用としてあったので
ダウンロードした。

★Pixela Capture MPTV395 PCI Driver
★Realtek AC'97 Audio オーディオドライバ
★Intel 915G ディスプレイドライバ
★リコー R5C811/841/842 メモリーカードドライバ


MPTV395 PCI Driver 、Intel 915G ディスプレイドライバと
Intel 915G ディスプレイドライバの
setup.exeをクリックしてもインストールできない。
Windows 7用でないので出来ない。

setup.exeをクリックしプロパティを表示させる。
互換→Windows Vistaにして→OK
setup.exeをクリックするとインストールできた。

MPTVはシステムのデバイスマネージャーで確認すると
PIX-MPTV/P6Wと表示されていた。
Pixela製のPIX-MPTV/P6Wとコンパチというかそのままの製品のようで、
ドライバもVista用としてPixelaのサイトにもあった。
アナログTVチューナーなので視聴するにはデジタルチューナーを
接続しないといけない。が、そうすると視聴用のソフトも用意しなければ
ならないのだ。

ディスプレイドライバをインストールすると
エクスペリエンスの評価が1.0から1.9に上がった。

★不明なデバイス→プロパティ→詳細を確認すると「FUJ02E3」と表示

FUJ02E3を検索、FUJITSUのダウンロードサイトにドライバがあった。
ダウロードしインストールさせるができない。
ファイルが違うようで落としたファイルのテキストを読むと64bit用だった。
再度FUJ02E3を検索、32bit用をやっとのこと見つけ出す。
FUJ02E3(V1.20)

おまけ
FUJ02B1(V1.23)
これでインストール完了、これで不明なデバイスはなくなった。

起動時間は約45秒


pclx50le.jpg
Windows 7のドライバだとグラフィック評価1.0

pclx50lf.jpg
Intel 915G ディスプレイドライバをインストールすると評価1.9にアップ


pclx50lg.jpg




おまけ:

110731.jpg

次郎丸、さかりの時期ではないのに遊び回る。



拾い物画像:

oth_159.jpg
三島由紀夫

oth_160.jpg
大佛次郎

oth_161.jpg
「ふるさとは遠きにありて思ふもの」室生犀星

oth_162.jpg
赤塚不二夫

oth_163.jpg
小説家 幸田文

oth_164.jpg
夏目漱石の弟子の内田百閧ェ、居なくなった愛猫ノラを探すチラシ
posted by ラーメン小池 at 17:09| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ジャンクな液晶ディスプレイ

110212.jpg

ずっと石油ストーブに張りつく日々。

ここのところ暖かくなってきたと思っていたら今日は吹雪いた。



ストーブに張りつきながらジャンクな液晶ディスプレイの修理に挑戦する。

BENQ(台湾製)のFP737V、17インチの光沢液晶ディスプレイ。
不良内容はバックライトが点灯しない。

ネットで検索すると出てくる出てくる。

I/OデータやDELLのOEMとして使われているようで、ほとんど同じバックライトが
点灯しない症状だ。基盤形状は違うが部品からすると回路は同じように見える。


moni001.jpg

ケースを外し、液晶パネルと基盤を分離する。


moni002.jpg

左側の基盤は制御、右側は電源とインバーター回路部分。


moni003.jpg

インバーターはバックライト(冷陰極管)を点灯させるための高電圧発生回路。
ネットでは修理内容の記述もあり、オークションでは修理用の部品も売られていた。

丸で囲ったのがトランジスタ2SC5707とヒューズ。


moni004.jpg

2SC5707×4個とヒューズを、順にテスターで導通チェックをする。
2SC5707は2個づつペアで使われており、2個がショート、ヒューズがオープン
していることを確認した。
2SC5707を外してチェックしたところ、この1個がショート(短絡)していた。

moni005.jpg

ヒューズはオープン(トランジスタがショートしたため)


moni006.jpg

不良の2SC5707とヒューズ


moni007.jpg

不良部品が確認できたのでオークションで部品を調達。
説明書つき、送料込みで300円也


moni008.jpg

2SC5707×2個 ヒューズ1個


moni009.jpg

情報も部品もあって簡単に修理完了。


moni010.jpg

部品が届くあいだにサムスン(韓国)製の15インチ液晶ディスプレイ、SyncMaster 150Vの
修理に挑戦する。

症状は電源ランプは点灯するもののオレンジ色になり点滅する。
画面は真っ黒のまま。

途中の写真撮りそこねるほど集中する?
ケースを外し、液晶パネルと基盤を分離。
基盤は電源、制御、インバーターの3枚。

分解した状態でスイッチ基盤を接続し、電源を投入。
テスターで電圧をチェックする。
インバーター基盤に電圧がかかってない。
電解コンデンサー、目視でもテスターでもチェックしても異常はない。
ヒューズも切れてない。

ということは電源部分だろう。テスターでチェックすると0Vではないが、
不安定で電解コンデンサーを手で触ると電圧が変動する。
膨らんだり、液漏れしてはいないが9個の電解コンデンサーすべてを
はずしてチェックする。
異状なし。

元に戻し、半田面を目視すると半田の薄いところがあった。
トランスの足とトランジスタの足の部分に茶色のフラックスが残っていたので
再度半田を盛る。
電圧をチェックすると変動することなく安定している。

組み立てて動作確認し修理完了。

半田部分がクラックしていたのだろう。



拾い物画像:
oth_150.jpg
posted by ラーメン小池 at 18:52| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

ジャンクなPC

ジャンクなPC、DELL DIMENSION 8400 を数ヶ月前に貰う。

持ち帰り、ケースを開けるとメモリーのみ欠品していた。
メモリーの仕様はDDRU、手持ちにはないのですぐに起動確認することは
できなかった。

後日、中古メモリーを手に入れ動作確認するとインストールされていた
WindowsXPが立ち上がった。

光学ドライブをマルチドライブに換装するものの、すぐに使う予定が
ないので放置^^


先日、電源スイッチを入れてみたところ電源が入らない。
pc05.jpg
LED、グリーンは正常に起動中

コンセントにACコードを差し込んだだけでLEDがオレンジ色で点滅し、
電源が入らず起動しない。
ACコードを抜き差ししたら電源が入ることもあったが、にっちもさっちも
いかなくなってしまった。

サイトで調べると同じような症状のトラブルがあった。
電源に問題があるようで、早速交換することにした。

pc01.jpg

オリジナルの背面


pc02.jpg

電源を外す。
オリジナルの電源 350W
交換する電源 400W ATX


pc03.jpg

入れ替える電源のコンセントに合わせて加工する。

加工する工具、最初はハンドニブラで切り取るつもりだったが、
ハンドニブラが行方不明になって使えない。

ちなみにハンドニブラ、シャーシパンチ、リマーはケース加工に
必要な工具なのだ。それとハンドドリルも。

使えそうな工具としてジグソーがあったのでこれを使って切ってみる。

成功!! 後はヤスリがけして穴加工は完了。

内部に凸な部分があり入れ替えた電源に当たり、取り付けられない
ので凸をペンチで曲げる。

これでやっと取り付けられた。


pc04.jpg

電源交換完了、正常に起動!

写真、ボケボケ^^;



おまけ:ジャンクなVHS/DVDレコーダ ビクター DR-MF500(MF1)

動作確認する前にケースを開けてみる。

電解コンデンサーの頭が割れて電解液が漏れた跡があった。
基板を外し、コンデンサーを交換、組み付ける。

mf500_02.jpg

中は余裕のスペース、ガラガラ。
光学ドライブはLG電子のマルチドライブを使っている。


mf500_01.jpg

頭が割れ電解液が漏れた電解コンデンサーが見える。


mf500_03.jpg

動作チェック、電源も無事入りDVDのみだがセットしてみると再生できた。



拾い物画像:
oth_135.jpg
posted by ラーメン小池 at 17:34| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

ジャンクなパソコン

degi100417a.jpg

NEC LaVie C LC600J/3

液晶のバックライト切れで分解したままでずっと放置していたLC600J/3。

ジャンクノートのNEC VersaPro VA80Jを手に入れる。
電源ランプのみ点灯するものだった。

ネットで検索してみるとチップコンデンサの不良よって、上記の状態になり修理方法の
紹介もあった。

取りあえず分解してみるとマザーボードが一部白くなっているところがあった。

なにか液体でもこぼした跡のようで半田付けしてるところが、腐食し白く粉を吹いている
ような状態だった。

マザーボードを取り出しアルコールと歯ブラシで洗浄、コネクタ部分も変色している。

組み立てて電源を入れる。

電源ランプ点灯、液晶のバックライトが点灯・・・これ以上進まず。

VA80Jの作りが放置していたLC600J/3に似ていることを思い出し、
比べてみるとほとんど同じようだ。

LC600J/3はバックライトだけの不良だったので、VA80Jの液晶部分をそっくり入れ替える。
VA80Jはダークシルバー、LC600J/3はライトシルバーなので2トーン仕様となった。

他に移植したのは
光学ドライブ:CD-ROM → CD-RW/DVD−ROM
内臓モデム → LAN
CPU:PentiumV600MHz → PentiumV800MHz

バッテリーも共通であった。



degi100417b.jpg

作業中の写真はこれだけ。
56Kモデムカードを取り出しLANカードに差し替える。


degi100417c.jpg

BIOSを確認するためInsキーを押しながら電源を入れたところ。
Pentium(R)V processor 500MHzと表示。

BIOSも念のためアップデートしたものの変化なし。

普通に起動するとcpu err microcodeと表示される。


degi100417d.jpg

CPU情報を表示するソフトをインストールして周波数を確認すると797.23MHzと表示。

起動時、表示はされないがちゃんと動いているようだ。




拾い物画像:
oth_126.jpg
posted by ラーメン小池 at 16:37| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

コンデンサー交換

100129a.jpg

撮影: FinePix 401 4Mノーマル 1月29日


パソコン修理する。

degi100130a.jpg

富士通製 CE9/120T & CE9/100L



degi100130b.jpg

電源が突然落ちたのでカバーを開けてみると
マザーボードの電解コンデンサーがパンクしているのを発見。

マザーボードをケースから取り外す。
80Wの半田ごてをコンデンサーの足(リード)+と−両方に
に当てて一気に引き抜く。

新しいコンデンサーの足を短くしたものを、抜いたマザー
ボードの穴(ホール)に当てた状態で80Wの半田ごてを当て
コンデンサーを押し込むのだ。

早い話、抜いたのと反対のことをするのだ。
実際はもうちょっと複雑だけど。


degi100130c.jpg

交換前

degi100130d.jpg

交換後


degi100130e.jpg

電解コンデンサー 1000μ/6.3V 3個
CE9/100Lはさらに330μ/16V 3個交換

コンデンサーの頭が膨張して割れ、電解液が漏れ変色している。
信頼性のないメーカーのコンデンサーを使うとこうなる。

CEシリーズはこの不良が多いようだ。




100129b.jpg

サカリでもないのに隣町側へ一人で散歩するようになった。
お気に入りのところがあるのだろう。
まあ、1時間もすれば戻ってくるけど。


拾い物画像:
oth_115.jpg
posted by ラーメン小池 at 19:44| 長崎 | Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

ジャンクなノートPC

091011a.jpg

最低気温 14℃と寒くなった。

すでに10月の中旬、まもなくあっちこちで稲刈りが始まりそう。



ハードオフに行く。

pc091011a.jpg


SONY VAIO PCG-FR77J/B(メモリ、ハードディスクなし、ACアダプター、
取説ありの美品)の起動しないジャンクを購入する。
「起動しない」、どう起動しないのかは不明である。
電源が入らない、BIOS画面がでない、OSが立ち上がらない・・と
いろいろあるが、電源が入らないとかBIOSの問題があれば、
一部の部品取り程度にしかできそうにない。
でも内臓しているバックアップ電池が消耗して起動しないこともある
ので実際にはやってみないことには分からない。

本体がダメでも光学ドライブがDVD±Rライターだったので、
汎用品として使えるかもしれないと購入を決定。


pc091011b.jpg

家に帰りメモリを現用品のノートPCから借用し、ACアダプターを
セットして電源スイッチをオン!

このときが一番、ワクワクドキドキする時間なのだ。

電源が入り、すんなり起動。
OSが入ってない(ハードディスクがないので)とのメッセージを表示。


pc091011c.jpg

BIOS画面にも入れた。

OSのWindowsXPが立ち上がらなかったのでジャンクとし、ハードディスク
やメモリを取り外して売り出したのかもしれない。



pc091011d.jpg

CD-ROMからブートできるPuppyLinuxのCD-ROMをセットして起動する。
モニタ画面も問題はないようだ。

あとはメモリとハードディスクを用意するだけ。



091011b.jpg

次郎丸、サカリは過ぎたはずなのにここ一週間夜遊びしては
朝帰りしている。今日はまだ帰ってきてない。




拾い物画像:
oth_094.jpg
posted by ラーメン小池 at 17:08| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

スライドショーをDVDビデオに

090824.jpg

まだ暑い日が続くけれど空はもう秋模様





フォトストーリー3で作成したスライドショーをDVDビデオにしてみた。

DVDビデオにするための無料ソフトのDVDオーサリングソフトでやってみる。

Free Video To DVD等、数種類を使ってみたが、フォトストーリー3の
フォーマットが合わなくてことごとく変換できなかった。

フォトストーリー3のフォーマットは古いのか特殊なのか分からないが、
スライドショーが簡単にできるので捨てがたい。

結局、無料の変換ソフトAny Video Converterを使い”MPEG2 ”に
変換後、Free Video To DVDにてDVD-Rに焼きDVDビデオ完成。

作成の流れ
スライドショーにする画像を800×600程度にリサイズしておく。
フォトストーリー3にリサイズした画像を取り込んでスライドショーを作成。
Any Video ConverterでMPEG2に変換(サイズは720×480)
できたMPEG2のファイルをFree Video To DVDでDVDビデオにする。









拾い物画像:
oth_090.jpg
posted by ラーメン小池 at 19:39| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

立春

昨日は節分、今日は立春

そんなことで!?メインパソコンのハードディスクの交換を敢行。
容量20GBで使っていたけれど、少々心細くなったので40GBへアップ
することにした。OSのクリーンインストールからアプリまで新規に
インストールすればそれこそ心機一転になるところだけど、
今回はお手軽に丸ごとハードディスクをコピーすることにした。
これだと再度パスワード等の設定やらしなくてすむのだ。

まず、CCleanerを使ってキャッシュファイルとかのゴミファイルを
削除、レジストリもクリーンに。次に断片化しているファイルを
デフラグで最適化。40GBのハードディスクをパソコンのスレーブ側に
接続、コピーソフトを立ち上げコピー開始。10分ほどで完了。
マスター側の20GBのハードディスクをはずし、40GBのハードディスクに
付替えて電源ON!無事起動することを確認。
プラウザをFierfoxをメインに、ブックマークをインポート。メイラーは
Thunderbird にした。





初めての動画作成

機種変更でいらなくなった携帯電話を以前もらっておいた。
コンパクトなデジカメとして使うつもりで、パソコンに接続できる
USBケーブルやソフトを用意したのだがソフトの使い勝手が
よくなくて出番はほとんどなしといった状態だった。
最近になってSDメモリカードが安くなっったので購入する。
2GB、認識するもののフォーマットできず使えない。
旧型機種なので大容量は使えないようだ。
1GBのミニSDメモリカード・アダプタ付を500円ほどだったので使えるか
どうか分からないまま買ってしまう。

やったフォーマットできた!

SDメモリカードの読み書きは、専用のリーダ/ライタは持ってないので
今使っているSDメモリカードが使えるデジカメをリーダ/ライタ代わり
にすることに。

これで動画を撮ってみる。

できたファイルはasf、パソコンに取り込みWindowsムービーメーカー
で編集することにした。
ムービーメーカーにファイルを取り込むと音声のコーデックが
インストールされてないとメッセージが出た。
指示に従いツール→オプション→コーデックを自動的にダウンロードに
チェックを入れムービーメーカー再起動。
ファイルを取り込むとコーデックが自動的にインストールされて
ムービーメーカーに取り込まれる。
トリミング、効果など編集して保存すれば完成。ファイルはwmvとなる。




拾い物画像:
oth_058.jpg
posted by ラーメン小池 at 20:11| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

冬眠中

090124a.jpg

この冬最低の気温、氷点下1℃を記録。室温は3℃(暖房なし)午後5時撮影

夕方から雪が本格的に降り出し積もってしまう。
積雪の予報はなかったYahooの天気予報。


090124b.jpg

090124b2.jpg

090124b3.jpg

そしてわんこは喜び駆け回る。  ねこは・・いない。

冬眠中ではあるが日課として2kmのウォーキングを始めた。
次郎丸の散歩と合わせると毎日3〜4km、先日はなんだかんだで6kmほどに。



Windows 7 Bata版がリリースされた。
評判のよくないVistaより軽いらしいけれど、インストールするだけでハードディスクの
容量を7GBも消費する。
そんな世界とは関係なく動作の軽いLinuxで遊んでみた。

◆DSL(Damn Small Linux) 4.4 Knoppixをベース 日本語版、本体約90MB
◆PUPPY Linux 4.1.2 日本語版、約109MB
◆EcoLinux 8.10.2 Ubuntuベース 日本語 約343MB

の3種類をダウンロードしCDに焼く。

CD-ROMからブートできるLiveCDなのでハードディスクにインストール
しなくても動作させることができる。

◆DSL 4.4 起動したときのメモリーの使用容量も最小で27MBほどなので非力なPCでも使えそう。
カラーが8bit?で表示されタスクバーのアイコンがぼやけてなんだがわからない。
解像度を1024から800にしたらまともになった(16bit?)。ただし画面全体が縮小されて
しまった。マルチメディア、グラフィック、オフィス等アプリケーションソフトそこそこ
入っている。

◆PUPPY Linux 4.1.2メモリー容量128MB以上 アプリケーションソフトはてんこ盛りなので
これだけで十分かも。

◆EcoLinux 8.10.2 メモリー容量128MB以上 起動するまでこの中では一番時間がかかった。
FireFoxはあるもののアプリケーションソフトは新たにインストールしないといけない。

それぞれUSBフラッシュメモリにインストールにもできるのでやってみた。
インストーラがあるのでインストールは問題なくできた。
USBブートができるPCにUSBフラッシュメモリを挿して起動させる。
DSL、Ecoは起動成功。PUPPYは起動できない。
ネットを検索、syslinuxというファイルをダウンロードしPUPPYに組み込み
起動させることに成功。組み込みにはコマンドプロンプトを使わないといけないし、
初心者には少々手間がかかる。

OSとしてはWindows95や98(SE)がずっと軽いというのが分った。



090124c2.jpg
DSL 4.4

090124c.jpg
PUPPY Linux 4.1.2

090124c3.jpg
EcoLinux 8.10.2


YouTube
アニメ 「ネコ」


おまけ画像:撮影者ラーメン小池 1月8日
oth_056.jpg
posted by ラーメン小池 at 21:37| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。