2012年02月20日

ジャンクなデジカメ

cam3700a.jpg

久しぶりのジャンクなデジカメです。

CoolPix 3700、初めてのNikonのデジカメなのだ。


cam3700b.jpg

SANYOのDSC-MZ3との比較ではひとまわり小さい。


cam3700c.jpg

最大の厚さの部分での比較では2mm位しか違わない。
CollPix 3700のボディはアルミ、MZ3はステンレス。


cam3700f.jpg


Nikonのサポートページから取説をダウンロードしようとしたが、
CoolPix 3700だけ無い。なぜ?

特徴はインターバル撮影、640×480 30fpsの動画が撮影できる
3.2Mピクセルのデジカメということで以前から興味があった。

インターバル設定は30秒、1分、5分、10分、30分、60分
その他、枚数等の設定はない。
それは静止画ではなく動画としてしか設定できなかった。
微速度撮影とよばれ、MOVファイルの動画として保存されるのだ。
サイズ640×480で。

CASIOのQV-2300のような静止画での撮影はできない。

バッテリーを充電して微速度撮影を試してみる。
インターバルは30秒にして3時間ほど放置して確認してみると
バッテリー切れで止まっていた。
11秒ほどのMOVファイルが記録されていた。

シャッターを切るつど液晶モニタも点灯するのでバッテリーも
それだけ消耗するわけだ。
30秒の設定だと1時間で120回撮影することになるので、3時間の
撮影ができなくて当たり前かも。


動画撮影を試す。
音声にカッチカッチと機械的な音が混入してしまう。

記録媒体はSDカード、最初2GBの容量の物を使っていたが、
起動、撮影した後の保存に時間が掛かって、これじゃ使えないかも
と思っていたが512MBの容量に変えてみたらストレスを感じないほどの
レスポンスになった。


cam3700d.jpg

自然な色彩が出てる。

cam3700e.jpg

マクロ撮影




拾い物画像:
oth_174.jpg
posted by ラーメン小池 at 19:25| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。