2011年04月23日

ジャンクなデジカメ

コレクターではないのだがまた増えた。

FUJI FinePix 4900Zoom またまた200万画素クラスのデジカメである。

2000年発売と10年以上前の製品ではあるが古さを感じさせないデザイン。

CCDは240万画素、ハニカム構造なので400万画素ほどの解像度が得られる。


cam4900a.jpg

電源を入れるとレンズがギューンと出てくる。


cam4900b.jpg

液晶モニタは硬質の透明カバーで保護、傷は入りにくい。


cam4900c.jpg

ダイヤルでマニュアル、シャッター、露出優先等が設定できるので直観的に操作できる。


cam4900d.jpg

内蔵されている専用充電池はACアダプターを接続することで充電できる。
以前手に入れたFinePix401用の充電用ACアダプターがそのまま使えるのだ。


それでは比較してみよう。

比較するデジカメ
FUJI FinePix 4900Zoom 240万画素
Sony Cyber-shot DSC-T1 500万画素
MINOLTA DiMAGE X20 200万画素

すべてオート撮影

i_view32にてリサイズ 保存画質 80%に圧縮 処理はなし


cam4900e.jpg

4900Z:元画像サイズ 1600×1200 fine auto iso200 speed 1/512 F7.14


camT-1a.jpg

DSC-T1:元画像サイズ 2592×1944 fine auto iso100 speed 1/400 F5.6


camX20a.jpg

X20:元画像サイズ 1600×1200 fine auto iso64 speed1/750 F2.9


cam4900g.jpg

4900Z:

camT-1c.jpg

DSC-T1:



cam4900f.jpg

4900Z:


camT-1b.jpg

DSC-T1:


camX20b.jpg

X20:マクロ切り替えスイッチとかないのでそのまま近接撮影できる。
  絞りFは開放になっているので背景がボケている。

順に色が薄くなってる。
元画どうし比較しても500万画素とあまり差は感じられない。
期待はしてなかったのだが、けっこういいかも。


以下、4900Zで撮影。

cam4900h.jpg

光学6倍ズームで。

cam4900i.jpg

cam4900j.jpg

cam4900k.jpg

cam4900l.jpg

リサイズしたのであまり分からなくなったが、けっこう細かく撮れている。



拾い物画像:
oth_154.jpg
posted by ラーメン小池 at 17:30| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。