2010年01月30日

コンデンサー交換

100129a.jpg

撮影: FinePix 401 4Mノーマル 1月29日


パソコン修理する。

degi100130a.jpg

富士通製 CE9/120T & CE9/100L



degi100130b.jpg

電源が突然落ちたのでカバーを開けてみると
マザーボードの電解コンデンサーがパンクしているのを発見。

マザーボードをケースから取り外す。
80Wの半田ごてをコンデンサーの足(リード)+と−両方に
に当てて一気に引き抜く。

新しいコンデンサーの足を短くしたものを、抜いたマザー
ボードの穴(ホール)に当てた状態で80Wの半田ごてを当て
コンデンサーを押し込むのだ。

早い話、抜いたのと反対のことをするのだ。
実際はもうちょっと複雑だけど。


degi100130c.jpg

交換前

degi100130d.jpg

交換後


degi100130e.jpg

電解コンデンサー 1000μ/6.3V 3個
CE9/100Lはさらに330μ/16V 3個交換

コンデンサーの頭が膨張して割れ、電解液が漏れ変色している。
信頼性のないメーカーのコンデンサーを使うとこうなる。

CEシリーズはこの不良が多いようだ。




100129b.jpg

サカリでもないのに隣町側へ一人で散歩するようになった。
お気に入りのところがあるのだろう。
まあ、1時間もすれば戻ってくるけど。


拾い物画像:
oth_115.jpg
posted by ラーメン小池 at 19:44| 長崎 | Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンデンサーにバンバン電流流れる設計にして
製品寿命を4,5年で計算してるだけのことさw

コンデンサーとか簡単な部品くらい海外でも
十分対応できるわwww

基本設計が既に変わってるのだよ
Posted by 通りすがりw at 2013年01月22日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139789955

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。